良い歯医者の見極め方

「良い歯医者」と一言で書くのは簡単ですが、
判断のポイントが沢山あり、大変です。

 

一般的に、患者目線に立って考えると、
「自分の症状を良く分かってくれる(話を聞いてくれる)」
「治療の際に麻酔をされても痛くない」
「最短期間で治療を行い、無駄な時間を掛けない」
というポイントが重視されがちですが、
本当に大事なのは違うところにあります。

 

あなたは、歯医者に何をしに来ましたか?
99%の方は、「歯の治療に来た」というのが正解だと思われます。

 

そのため、「良い歯医者」というポイントは、
「きちんと治療してくれる」というところにあります。

 

自分の話をしっかりと聞いてくれても、
歯の削り残しがあったりとか、
抜かなくてもいい神経を抜いてしまったりだとか、
点数(料金)を稼ぐために、不必要な治療を行ったりといった歯医者が多いのも事実です。

 

そのため、一番良い見極め方というのは、
近所の人たちの評判を聞くというのが良い方法です。
治療回数が多いだとか、料金が高いだとか様々な不満要素が出てくるような歯医者はやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

リンク

故人にとって残された遺族は大切な財産です。遺言書で、明確な意志表示をし、紛争のタネを残さないことも、残された家族に対する思いやりの一つと言えるでしょう。
遺言のご相談は大阪・吹田の相続・遺言手続トータルサポート大阪

 

豊中で15年以上続く人気の歯医者さんが赤尾歯科。なぜ患者さんが選ぶかというと、痛くないから。治療チェアにテンピュールマットを置いてからは、治療中に寝る患者さんもいるほど。
豊中で選ぶなら無痛治療の赤尾歯科

関連記事

ページの先頭へ

歯科・歯医者.com > 歯科 > 良い歯医者の見極め方

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved