歯の構造

歯は数種類の組織が集まってできています。
一番有名なのはエナメル質です。

 

歯の頭(歯冠)の部分を覆うようにエナメル質が形成させています。
歯の中では一番緻密で固い組織になります。

 

エナメル質の中には象牙質という組織があります。
象牙質は歯冠だけでなく歯の根っこ(歯根)の内側も象牙質となり
歯の内側は上から下まで象牙質であり、その中に神経が通っています。
象牙質は無数の穴が開いていて神経に通じています。
虫歯などでエナメル質がなくなり象牙質が露出してしまうと、その無数の穴から神経に刺激が伝わりしみたり痛いと感じるのです。

 

次は歯根の表面はセメント質という組織で形成されています。
簡単に言うと、歯は顎の骨に歯の根っこがささって固定されています。
その顎の骨とくっついている部分がセメント質となります。

 

歯茎がさがると黄色っぽい歯の根っこが出てきますが、それはこのセメント質が露出していることになります。

リンク

注文住宅を建てるなら、まずはATTICへの無料相談へ。
お客様のご希望に沿った家づくりの進め方や、注文住宅の詳しい流れもあわせてご説明をさせていただきます。
http://www.attic-co.jp/content/flow.html

関連記事

ページの先頭へ

歯科・歯医者.com > 歯科 > 歯の構造

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved