電動歯ブラシ

歯周病予防の秘訣は、なんといってもこまめなブラッシングを心がけることです。 効果的に歯垢を取り除く歯磨きのやり方は、歯ブラシを縦にして、 1本1本丁寧に、歯と歯茎の付け根にある隙間を磨くように

» この記事の続きを読む

歯周病 歯周ポケット

歯周病が進行する原因となる歯周ポケットとは、歯と歯茎の溝のことをいいます。 歯と歯茎の境目には、健康な状態で、1ミリから2ミリの歯周ポケットがあります。 これが、歯のお手入れ不足などで、歯

» この記事の続きを読む

歯周病 心臓

歯周病は、歯や口の中にしか影響を及ぼさないわけではありません。 時に恐ろしい病を併発する、怖い症状だということを知っておくことが大切です。 歯周病が体のどこに影響を及ぼす可能性があるのかという

» この記事の続きを読む

歯槽膿漏の対策

歯周病の初期症状は、軽度の歯肉炎から始まります。 軽度の歯肉炎とは、歯茎が腫れて赤くなることをいい、これが進行すると、歯茎が熟れ過ぎたトマトのような感じになります。 この段階では、出血を伴

» この記事の続きを読む

虫歯

歯医者さんで治療を行う「虫歯」とは、いわゆる歯周病菌のことです。 この歯周病菌は、口の中に残った食べかす(糖)を餌にして酸を出し、歯にダメージを与えます。 このことを一般的に「虫歯」といいます

» この記事の続きを読む

歯と唾液の関係

歯という組織は、一度失うと2度と再生することがありません。 それだけに、毎日にきちんとケアしていく必要があります。 ただし、厳密には日々再生していると言うこともできます。 というのは

» この記事の続きを読む

虫歯が減少している理由

日本人の虫歯というのは、年々減少してるのをご存知でしょうか。 これにはいくつかの理由があります。 まず、予防歯科の概念が普及したことにより、小さい頃から歯磨きなどの口腔内ケアがしっかり行わ

» この記事の続きを読む

良い歯医者の見極め方

「良い歯医者」と一言で書くのは簡単ですが、 判断のポイントが沢山あり、大変です。 一般的に、患者目線に立って考えると、 「自分の症状を良く分かってくれる(話を聞いてくれる)」 「治療の際に

» この記事の続きを読む

歯の構造

歯は数種類の組織が集まってできています。 一番有名なのはエナメル質です。 歯の頭(歯冠)の部分を覆うようにエナメル質が形成させています。 歯の中では一番緻密で固い組織になります。 エナ

» この記事の続きを読む

生活歯と失活歯

歯には中央に神経が通っていてその神経が生きている歯を生活歯、 すでに死んでしまっている歯を失活歯と言います。 冷たいものがしみるなどの症状があるのは神経が生きている証拠です。 しみな

» この記事の続きを読む

原因不明の痛みとは?

噛むと痛い、でもズキズキする痛みではない」、「じわっと響くような痛みが起こったり、治ったり・・」 特定できない痛みは患者さんを不安にさせます。 そこで歯科医院に行って訴えるも「何ともないから大

» この記事の続きを読む

虫歯の詳しい予防法〜その1

正しい歯磨きとはどのようなものかということですが、プラークと呼ばれる生きた虫歯菌のかたまりを取り除くことを意識することと言い換えることができます。 このことで効率的に虫歯菌や虫歯菌の栄養を取り除くこ

» この記事の続きを読む

虫歯の詳しい予防法〜その2

口内を酸性にしないことが虫歯の予防になるわけですが、虫歯菌は恐ろし速さで酸を生産し、口内を酸性にしてしまいます。 その速度はというと、食後3分〜20分で口内の酸性値は最高値に至ります。ですので食後3

» この記事の続きを読む

虫歯予防先進国スウェーデン

スウェーデンでは日本と比較して虫歯は半分以下、歯周病は何と四分の一以下です。その秘密はPMTCを80%の人が定期的に受けている、子供では100%が受けていることが大きな要因と言われています。 こ

» この記事の続きを読む

ページの先頭へ

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved