渡嘉敷島旅行しよう!

渡嘉敷島旅行

今回は、ダイビングでも有名な慶良間諸島の代表的な離島、『渡嘉敷島』について紹介したいと思います!

 

那覇からの近さもあってとても人気の離島で、高速船で35分、フェリーでも70分と気軽に行ける島として日帰り観光で訪れる人も多いです。

 

阿波連ビーチとトカシクビーチというキレイなビーチもあり、施設もそろっているので、ダイビングやシュノーケルといったマリンスポーツはもちろん、夕暮れ時にサンセットを眺めながら浜辺でぼーっとしたり、お散歩しながら砂浜でお土産代わりに貝殻を拾うなんてのもお勧めです!

 

世界的にもその美しさが認められている慶良間諸島の海。

 

渡嘉敷島

 

さっきも少し触れた2つのビーチの美しさは特筆に値し、真っ白な砂浜、
コバルトブルーの透けるような海の色は沖縄本島のビーチとは別次元です!!
天気さえ良ければ、誰もが大満足の休日を過ごすことができます。

 

また、ホテル的な宿から民宿まで、宿泊施設もいろいろあるので日帰りだけでなく泊でも楽しめる離島になっています!

 

山がちな地形のため、農業はあまり盛んではないそうですが、集落の近くでは稲作が行われていて、離島では数少ない田んぼの風景を目にすることもできます。

 

他にも、島の各所に展望台が設置されていて、鯨海峡とも呼ばれる渡嘉敷島において絶好のホエールウォチングスポットが提供されています。

 

特に、これからの季節はホエールウォッチングがシーズンになるので展望台に行って観察してみるのはいかがですか?

 

渡嘉敷島自体は、とてもアップダウンの激しい地形になっていて以前、とかしき島一周マラソンが開催されたそうですが走った人曰く、「山道」って言ってました・・。

 

なので、島での移動は自転車や徒歩ではかなりきついので、レンタカーもありますが、路線バスでも十分回ることができまるので、自力では行かないことをお勧めします。

 

でも山が多い反面、高台から見下ろした海の色は最高です!

 

夜は、都会では見られない満点の星空を眺めて宿の人に島歌を歌ってもらうのは離島でしかできない過ごし方です!

 

島のお土産を買うなら、是非手作り満載の『島むん』へ。

 

 

島むん

 

渡嘉敷港から阿波連ビーチを目指して車を走らせること10分。
阿波連小学校体育館沿いの真っ赤なハイビスカスがみえたら到着!
ピンクのブーゲンビレアのアーチをくぐると見えてくる小さな小屋が「島むん」です。

 

ここでは、渡嘉敷島で取れたものを使った手作りの加工品や、農産物を買うことができます。

 

貝細工や民具なんかもすべて地元の人が渡嘉敷の恵みを利用して心をこめて作っています。

 

ちなみに、商品第1号は、「ヤマモモゼリー」です!
近くの阿波連小学校の課外活動としてヤマモモ狩りが行われるようになり、実を食べるだけではもったいない!というのが始まりで、なんとこれが大好評!そこから商品として売り出されるようになったようです。
是非その味を堪能してみてください!!

 

自然いっぱいで、地元の人とも触れ合える渡嘉敷島に是非行ってみてください!

関連記事

ページの先頭へ

歯科・歯医者.com > その他 > 渡嘉敷島旅行

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved