税理士試験の科目

税理士試験の科目について

税理士試験の合格には必須科目、選択必須科目、選択科目の全5科目あります。
ここでは、税理士資格試験で行われる科目の内容について、詳しく解説しています。

 

 

★税理士試験の科目について

 

税理士試験には必須科目というものがあり、必須科目は2科目必ず受験する必要があります。
必須科目には、「簿記論」と「財務諸表論」を受験しなければなりません。

 

この2科目は難易度が高く、かなり専門的な勉強をしないと合格ラインに達するのは難しいでしょう。
あとは、選択必須科目があり、「所得税法」か「法人税法」のどちらか1科目を受験します。

 

残りの2科目は選択科目の中から選び受験します。
税理士試験の選択科目には、「相続税法」「消費税法」「酒税法」「国税徴収法」「住民税」「事業税」「固定資産税」があります。

 

これらの科目を全部で5科目合格ボーダーラインまで得点することができれば、みごと税理士資格を取得することができるのです。

 

 

★ターゲットを絞ることが大事!

 

税理士試験は科目合格制です。
そのため、不要な科目は潔く切り捨てることが求められます。

 

早々に、自分がやれそうな科目を見極め、範囲を絞って勉強をすれば、少しずつ前に進んでいくことが出来るでしょう。

サイト集

カード業界30年以上の実績!!
これまで出会った沢山のお客様は、日本カード印刷にとって、まさに、支えていただいた宝物とも言える存在。そんな皆様のご期待に添えるよう、これまでに培ってきた経験・ノウハウをもとに、お客様に最適なカードをご提案できるよう日々励んでおります。

 

車査定を1社だけで終わらせているなんてもったいないことしていませんか?お得に買取りをしてもらえる方法があります。
要チェック!中古車買取査定

関連記事

ページの先頭へ

歯科・歯医者.com > 税理士関連 > 試験の科目

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved