税理士試験

税理士試験のデメリット

税理士試験は、国家資格試験の中でもかなり難関な部類に入ります。

 

そのため、資格合格までかなりの時間を要するのがデメリットだと言えるでしょう。
ここでは、そんな税理士資格試験の注意点について紹介したいと思います。

 

 

★合格率10%はちょっと間違いの数字

 

税理士試験の合格率は平均で10%前後だと言われています。
最近の行政書士資格試験の合格率が2〜3%とされているので、それよりも高いと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

税理士試験は、科目合格制度を採用しているのですが、全科目合格する人はごく少数に限られています。
中には最初の試験で脱落してしまう人もたくさんいるのです。

 

また、全科目を1年で1発合格できるほど試験範囲は狭くなく、資格取得まで数年間を要します。
最後までやり通すことができるのは限られた人なんですね。

 

ということは、その年に合格した人というのは、この試験に何年も時間をかけた人なわけだから、その中の10%と考えると、非常に難しいということがわかると思います。

 

 

★継続は力なり!

 

税理士の試験勉強は、とにかく根気強く続けることが大事!
1科目ごと潰していけば、どんどん勉強範囲を一本にしぼれるので、あきらめないことです。

 

問題内容の要点をまとめて、効率よく勉強していくことが大切ですね。

お役立ちリンク集

大阪の通信制高校「エス・ウィン美容高等学院」は高校卒業資格と美容プロの資格、両方取得できます。
将来美容業界で活躍したい方におすすめです。
メイクやネイルの資格に対応したコースで就職直結!
通信制高校 大阪

関連記事

ページの先頭へ

歯科・歯医者.com > 税理士関連 > 試験のデメリット

歯科・歯医者.comについて

Copyright  歯科・歯医者.com  All Rights Reserved